メールの設定

・転送機能

各自に送られてきたメールは,UNIX環境で蓄えられる.この蓄えられるときに,必要に応じて転送などの設定を 行うことが可能である.
転送を設定するためには,ホームディレクトリに".forward"というファイルを作成する. このファイルに
abcde@def.ghk.ne.jp
と書いておけば屋代研に送られてきたメールは全て"abcde@def.ghk.ne.jp"というメールアドレスに転送される. (ここには自分のプロバイダなどのメールアカウントを記述しておくこと) この場合,転送されてしまったメールを屋代研で読むことは出来なくなる.
屋代研でも読めるようにしつつ,プロバイダにも転送したいという場合は,".forward"ファイルに複数の転送先を 書いておく.
\abcde,abcde@def.ghk.ne.jp
このように書いた場合には,"abcde"(="abcde@ysr.net.it-chiba.ac.jp")に転送され,それと同じものが "abcde@def.ghk.ne.jp"にも転送されるという事になる."abcde"の前に"\"(環境 によっては"\"と見える)がついているが,これは自分に来た メールをさらに再度転送してしまうことを防ぐために記述するものである.
※"abcde"は自分のログイン名に直すこと.
戻る