next up previous
Next: 検定結果と種の選択 Up: 乱数の検定 Previous: 頻度検定による等確率性の検定

ポーカ検定による無規則性の検定

整数の乱数の列を連続して5つずつまとめ、5桁の数字とみてグループを作り、トランプのポーカと同じように手を作って調べる。0から9の種類のカードを5枚くばったと考えると、次の7つに場合分けできる。

  1. 5つの数字が全部異なっている。(abcde)
  2. 同じ数字2つからなるペアが1組ある。(aabcd)
  3. ペアが2組ある。(aabbc)
  4. 同じ数字が3つある。(aaabc)
  5. 同じ数字が3つと、ペアが1つある。(aaabb)
  6. 同じ数字が4つある。(aaaab)
  7. 全部の数字が同じである。(aaaaa)
これらの起こる確率は理論的に求められ、その値は、

  table112
Table 1: ポーカ検定の論理的確立

頻度 tex2html_wrap_inline366 を測定し、理論度数 tex2html_wrap_inline356 との差の2乗を求め、 tex2html_wrap_inline392 を計算する。 tex2html_wrap_inline270 の実現値の大きさの程度によって帰無仮説を受け入れるか否かを決定する。



2000年09月07日 (木) 20時25分23秒 JST