next up previous
Next: About this document Up: Network輪講 Previous: 第7層:応用層(Application Layer)

LAN:Local Area Network

一般的には,一つの媒体を共有できる範囲のネットワークをLANと呼ぶ.LAN内の 機器は,相互に直接通信を行うことが可能である.一般にLANでは,LANを構成す る各機器がほぼ対等関係で,特殊な機器がいない. LANに用いられる通信媒体には,大きく分けて,有線と無線がある.有線には以 下のものがある.

  1. 光ファイバ
  2. 同軸ケーブル(イエローケーブルなど)
  3. より対線(屋内配線の電話線など)
無線は,有線に比べて,繁雑なケーブルの敷設がいらないという利点があるが, 外乱が多いため,通信速度が遅い,謝りが多いなどの欠点がある.無線には以下 のものがある.
  1. 電波(帯域によってさらに区分される)
  2. 赤外線
自動車など,移動体と通信を行う場合には,一般に無線媒体を使用する.

物理層,データリンク層は媒体やその接続形態などによって,使用できるものが 決まる.接続形態(トポロジー)には,主に以下の種類がある.

  figure31
Figure 1: トポロジーの例




2000年03月31日 (金) 17時17分59秒 JST