LaTeXによる文書作成

はじめに

TeX(テフあるいはテックと読む)とは,D. Knuthという人が自分の論文作成の ために作った非常に強力な文章整形システムである. しかし,強力である反面,作者の好み(こだわり?)が反映されていて,かなり一 般の人には使いにくい面があったために,このTeXを利用したより使いやすいシ ステムとしてLaTeX(ラテフあるいはラテック)が作られた.

研究室では,このLaTeXをベースにより拡張されたLaTeX 2εを利用する.

LaTeXはWordなどよりもきれいな文書を効率よく作成することが可能な反面,見 たままの文書を作るのが困難,エディタを別に利用しなければならない,コンパ イル作業が必要,といった短所がある.
※屋代の私見ではあるが,こと論文作成に関してはWordなどの 高機能で重く,理解しがたい動作を勝手に数多くしてあげくにbugの多い ワードプロセッサーソフトよりも,便利であることが多い.
このため,屋代研究室では論文作成やレジュメ作成にはLaTeXの利用を強く推 奨する.

LaTeXの利用

LaTeXを利用するためには,まず元になる文書を作成しなければならない.文書 の作成にはEmacsなどのエディタを利用して,".tex"という拡張子のついたファ イルを用意する.
戻る