next up previous
Next: IPパケットの構造 Up: Network輪講:IP(Internet Protocol Previous: アドレッシング

インターネットの構成

インターネットでは,データの転送はIPデータグラムと呼ぶ転送単位を基本とし たパケット転送を行なう.IPの機能は,このIPデータグラムを目的の端末に転送 するために,次にどの端末に,どのようなデータグラムの大きさにして送れば良 いか,を決定し,転送することである.以下にIPで想定される一般的なネットワー クの構成を示す.

  figure28
Figure 1: インターネットの構成

ここで,Hostは一般的な端末を示し,GW(GateWay)は他のネットワークと接続す るための特殊な端末をあらわす.ここで,Host XからHost YにIPデータグラムを 送る場合を考える.この場合,XとYは同じネットワークに所属しているので,直 接データのやりとりが可能である.

これに対して,Host XからHost ZにIPデータグラムを送る場合には,同じネット ワークに所属していないため,直接送ることができない.このため,Xは一旦 GW(a)にデータグラムを転送する.aは宛先がZであることを確認すると,同じネッ トワークに所属していないが,宛先アドレスがGW(b)の下のネットワークである ことを知っているために,GW(b)に転送する.GW(b)は自分と同じネットワークに Host Zがいるために,このデータグラムをHost Zに転送する.

このように,データグラムの配送は,経路を選択して送られなければならない. この経路選択のことをルーティング(routing)という.

GWはroutingをつかさどるため,ルーターとも呼ばれる(本当はルーターと言う言 葉にもちゃんと定義があるが,これは省略).




2000年03月31日 (金) 16時11分38秒 JST