abbrev

C言語のプログラミングなどで、同じ関数名や、長い変数名を繰り返し打つのは面倒である。 Emacsでは、これを、似たものを探してきてくれる機能がある。一般には abbrevというが、ここでは、編集中のファイルからその似たものを探 してきてくれるdabbrev(dynamic abbreviation)というものを紹介する。 例えば、thisIsLongNameという、関数名を同じファイル中ですでに何 回か使っていたとする。次にこれを打つ場合、this位まで打って、
    M-/
を打つ。すると、他にthisで始まる文字列がファイルになければ、一 回でthisIsLongNameという文字列が表示されるはずである。もし、他 のものが表示されてしまった場合、もう一度M-/を行なうと、他の候補 が表示される。何回か、M-/を押して、該当する文字列がなかった場合、 画面最下行に、
    No further dynamic expansions for "..." found.
と表示され、最後に入れたところまでの文字となる(この場合、thisに なる)。


前[書き込みモード]  次[.emacsによるキー設定]
戻る