Emacsの設定1(基本部分)

Emacsは、立ちあげ時にいろいろな設定を行う。これは各自が好きな設定が出 来るようになっている。この設定は各自のホームディレクトリ(loginしたとき にいるディレクトリ)の、.emacsというファイルに記述されている。 先ほどの時刻を表示するようにする(display-time)というのも、このファイルに 書き込む。なお、このファイルは起動時のみに設定を行なうので、Emacsを立ち上げた後に 設定を書き換えても変更できない。この場合は一旦Emacsを終って再起動して欲しい。

.emacsファイルがない場合には、デフォルトの指定となる。今回の講義では一部で このファイルの設定が必要となるので、このファイルがない人や、設定内容がよくわからない 人は、~guest/.emacsをコピーして欲しい。

具体的にはEmacsに入っていない状況で、以下のようにする。
    cp ~guest/.emacs ~
はスペースである。明示したい時のみ、これを用いる。 ``~''ってなに?という人は、何かで調べて欲しい。ここでは割愛する。 このファイルはテキストなので、Emacsで見ることも編集することも可能であ る(書いてある内容はLispという言語(正確にはEmacs-Lispという言語)である)。


前[Emacsの終了の仕方]  次[ファイルの読み込み、書き出し]
戻る