キー操作一覧

キー動作
ファイル操作関係
C-x C-cEmacs終了
C-x C-fファイルの読み込み
C-x C-sファイルの書き出し
C-x kファイルの編集終了(Emacsは終わらない)
カーソル移動関係
C-f1文字右へ(先へ)カーソルを移動する
C-b1文字左へ(前へ)カーソルを移動する
C-n1行下へ(次行へ)カーソルを移動する
C-p1行上へ(前行へ)カーソルを移動する
C-a行の先頭へカーソルを移動する
C-e行の最後へカーソルを移動する
M-<ファイルの先頭へカーソルを移動する
M->ファイルの最後へカーソルを移動する
Deleteカーソルの直前の文字の削除
C-dカーソルの位置の文字の削除
C-kその行後方をすべて削除。ただし、行末の場合次の行とつなげる
C-vファイルの次の1画面分を見る
M-vファイルの前の1画面分を見る
C-l今の1画面を再表示する。カーソル位置が画面の中央付近になる\
C-s文字列をカーソル位置から下方向へ検索する
C-r文字列をカーソル位置から上方向へ検索する
困った時のキー操作
C-g処理の中断
C-l画面の再表示
日本語入力時のキー操作
C-f1文字右へ(先へ)カーソルを移動する
C-b1文字左へ(前へ)カーソルを移動する
C-a変換領域の先頭へカーソルを移動する
C-e変換領域の最後へカーソルを移動する
スペース変換(変換モードに移る)
BSカーソルの前の文字を消去
C-dカーソルの位置の文字を消去
リターンそのまま確定
M-k変換領域のすべての文字をカタカナに変換
M-h変換領域のすべての文字をひらがなに変換
M-<変換領域のすべての文字を半角に変換(できる文字のみ)
M->変換領域のすべての文字を全角に変換(できる文字のみ)
BS入力の取り消し
C-g入力の取り消し
日本語変換時のキー操作
スペース次候補
C-f1文節右へ(先へ)カーソルを移動する
C-b1文節左へ(前へ)カーソルを移動する
スペース次候補
C-n次候補
C-p前候補
C-i文節を1文字短く切り直す
C-o文節を1文字長く切り直す
リターンそのまま確定
M-k文節の文字をカタカナに変換
M-h文節の文字をひらがなに変換
M-<文節をもっとも短く(1文字に)切り直す
M->文節をもっとも長く(変換領域全体に)切り直す
BS変換前に戻る(入力モードに戻る)
C-g変換前に戻る(入力モードに戻る)

前[メールの読み方(mew)の初歩]  次[繰り返し実行]
戻る