C言語(シミュレーションの作成)
〜実践編〜

1.直線の傾きを求める

  1. キーボードから(x1,y1),(x2,y2)を入力し,その2点を通る直線の式をy = ax + bの形で求めなさい.ただし,x1!=x2, y1!=y2とする.
  2. キーボードから(x1,y1),(x2,y2),(x3,y3),(x4,y4)を入力し,(x1,y1)と(x2,y2)を通る直線と,(x3,y3),(x4,y4)を通る直線の交点を求めなさい.
  3. 上記を直線から,線分に置き換え,交点が双方の線分上にある場合のみ答えを表示するようにしなさい.
    ヒント:
    解答例の実行ファイル:/home/yashiro/ics

2.Sortっぽい

  1. キーボードから毎回ひとつの数を入力し,今までに入力された数のうち,最大値と最小値を表示するプログラムを作成しなさい.
    例:
    Enter Number = 1
    Max = 1  Min = 1
    Enter Number = 100
    Max = 100  Min = 1
    Enter Number = -15
    Max = 100  Min = -15
    
  2. キーボードから毎回ひとつの数を入力し,今までに入力された数の平均値を表示するプログラムを作成しなさい. 例:
    Enter Number = 1
    Ave = 1
    Enter Number = 100
    Ave = 50.5
    Enter Number = -15
    Ave = 28.666667
    
  3. 同様に入力された数の分散を求めなさい.
  4. 同様に入力されたすべての数を小さい順に表示するプログラムを作成しなさい.入力される数に上限はない(メモリの許す限り). 例:
    Enter Number = 1
     1
    Enter Number = 100
     1 100
    Enter Number = -15
     -15 1 100
    Enter Number = 33
     -15 1 33 100
    
    ※この数を時間とみなし,数の格納を構造体にして,他の情報を同時に格納すると,イベントリストとして 利用可能となる.
  5. 上記プログラムを拡張し,数(double型)を構造体のメンバとし,他にイベントの種類(int型)も格納できる形に 変更しなさい.

3.〜〜〜楽しみに待ってましょう〜〜〜